【とにかく泣けます‼️二十歳のソウル】

加藤清隆の『俺に喋らせろ!』

【とにかく泣けます‼️二十歳のソウル】

市立船橋高校と言えば、野球やサッカーの強豪校として有名だが、実は吹奏楽団としても全国有数の実力校。同校吹奏楽団の「市船ソウル」という応援曲はこれが演奏されると市船が必ず点を取るという伝説がある。
これを作曲したのが今回主役となった浅野大義さん(実名)。3年生の時作曲。さらに音大に進学した浅野さんは市船吹奏楽団のために「ジャスミン~神様の贈り物」という曲を作曲する。
しかし浅野さんは若干二十歳でがんになり、夭逝する。
その葬儀には吹奏楽団の現役・OBが皆楽器を持ち、「市船ソウル」で浅野さんを送った。
主役の神尾楓珠、吹奏楽団顧問を佐藤浩市が演じたが、どちらも非常に良かった。とにかく泣けます。加藤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください