【高市政調会長、矢野財務事務次官にキレる】

加藤清隆の『俺に喋らせろ!』

【高市政調会長、矢野財務事務次官にキレる】

高市早苗政調会長は、与野党の経済政策を「バラマキ合戦」と指摘した矢野財務事務次官について「全国会議員をバカにしている話だ。次官室から見える景色と違う」と重ねて批判。
矢野氏は国民によって選ばれた国会議員による経済政策という民主的政治プロセスを真っ向から否定しており、十分解任に値する。
そもそも(1)予算は一般会計だけでなく、特別会計も併せて見る必要がある(2)財政状況は貸借対照表で見る必要がある。国債だけ見るのでなく、資産も見ないと(3)政府債務は日銀も連結して見る必要がある-が重要。加藤

【高市政調会長、矢野財務事務次官にキレる】”へ4件のコメント

  1. mebius maxwel より:

    また官僚クーデターが始まりますかね。面従腹背連中が多いし財務省官僚は支配意識が強い伏魔殿だし(自分たちが正義で国民が間違ってると思ってる連中)。

    1. こまった より:

      もうそれも効かなくなる、やつらは終わりだ。

      1. mebius maxwel より:

        伏魔殿の官僚は彼らにしてみれば正義だと思い込んでるんで全く悪気がないのですね。結果どちらが良いのかは神のみぞ知る。でも彼らは公僕と憲法にある以上政治的発言はご法度ですね(憲法は実は反DS的観点で書かれている)これに違反したらクーデターと同じ。なので麻生さんが許可したというのがないといけない。

        1. こまった より:

          待って!仰る事がわからなくなってしまいました。憲法は麻生さんの祖父吉田茂が、DSの教育を受けた白洲次郎にそそのかされて、出来上がったもんだと思っていたけど、どの事を言っているのか不明になりました。
          ちょっと私には難しくなったので、一旦やめときます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください