【仏教寺の後継瑳問題】 石川県在住 70代男性 200年の伝統仏教寺。息子は寺を継ぐことは考えていないと言います。

【仏教寺の後継瑳問題】

石川県在住 70代男性 200年の伝統仏教寺。息子は寺を継ぐことは考えていないと言います。

石川県在住 70代男性

200年の伝統仏教寺で住職をしています。息子はサラリーマンをしており寺を継ぐことは考えていないと言います。親戚にも対象となる人材がおりません。
私は血縁による継承を強く望んでおります。
在家出身の僧侶はたくさんいるけど、そういう人たちに後継者として寺を任せたくないのですが、「在家出身の僧侶」を養子として迎えて後継者にするしかないでしょうか?

BUNKAお悩み相談

★【仏教寺の後継瑳問題】 石川県在住 70代男性 200年の伝統仏教寺。息子は寺を継ぐことは考えていないと言います。
  • 世襲の限界、寺を本山に返す 45%, 5 votes
    5 votes 45%
    5 votes - 45% of all votes
  • 血縁関係のない養子を探す 27%, 3 votes
    3 votes 27%
    3 votes - 27% of all votes
  • その他(オピニオンにコメント) 27%, 3 votes
    3 votes 27%
    3 votes - 27% of all votes
  • 息子を説得する 0%, 0 votes
    0 votes
    0 votes - 0% of all votes
Total Votes: 11
2021年4月16日 - 2021年4月23日
Voting is closed

ベストオピニオン

ベストアンサー募集!『回答を追加する』から追加をお願いします。素晴らしい回答に”1票”もありです。

【仏教寺の後継瑳問題】 石川県在住 70代男性 200年の伝統仏教寺。息子は寺を継ぐことは考えていないと言います。
  • 寺は住職の物ではなく檀家の物です。違う寺のお坊さんに住職になってもらう方法もあります。まずは檀家と相談してからです。** 50%, 5 votes
    5 votes 50%
    5 votes - 50% of all votes
  • 本山と相談して、本山から後継者を紹介してもらう。* 50%, 5 votes
    5 votes 50%
    5 votes - 50% of all votes
Total Votes: 10
2021年4月16日 - 2021年4月23日
* - added by visitor
Voting is closed
+2

【仏教寺の後継瑳問題】 石川県在住 70代男性 200年の伝統仏教寺。息子は寺を継ぐことは考えていないと言います。”へ3件のコメント

  1. こまった より:

    昔爺様が寺のために電気を通す運動をしたと兄から聞いた。寺の新築は檀家の寄付で5千円~100万円、多い人で500万円の寄付もあり、その名前が天井に沢山書いてあった。住職の子供の結婚でも皆が寄付をする。檀家も減りやっていけなくなったら寺を閉めるのもあるそうです。

    +1
    1. こまった より:

      どんな方法で後継ぎを決めようと、檀家が認めれば良いと思います。よからぬ事をしようとすると、法的云々ではなく檀家が去るので寺の存続は難しくなります。

      +2
  2. Salmon より:

    私の家の菩提寺の住職は養子です

    0

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください